タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクと酒それにラーメン放浪記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

(続)HF-RLBの製作

2014.02.22(08:24) 523

(続)HF-RLBの製作

チャチャーと目分量と現物合わせで金型ケースに穴開けてと
(ステップドリル歯:コストコで衝動買いしました。最初は子供だましと思ってましたけど
 一品もの作りにはすごい便利道具です)


とにかく、各端子を高周波的にバランスよくぎりぎり最短距離で接続します。
P1001054 - コピー

これで完成ではありません、ここからが本番です。
魂入れの調整と校正にかかります。
P1001052.jpg

手持ちの終端抵抗やアッテネーターなど動員して校正します。
P1001057 - コピー

DUT(測定端子)を開放にしたレベルを基準にします。
P1001056.jpg

DUTに素性のハッキリした50Ωの終端抵抗を接続します。
P1001055 - コピー
基準から=-50dB(10万分の一)以下ですレベル計では限界ですので
受信機とアッテーネーターで換算してみましたら差分-70dB(1千万分の一)まで行けるようです。

測定メーカの短波帯RLBに引けを取らない。(自己)満足バイ

何度も補正コンデンサーや位置を調整しましたので半田痕汚くなりましたが、
ここで蓋をして見えなくすれば完成です。

次は、正確な信号源をDDSで作ります。
(すでにアンテナを作る目的を離れて測定環境強化にそれてます(笑))






スポンサーサイト

バイクと酒それにラーメン放浪記



<<SL6609 で遊ぶ? | ホームへ | 風が吹けば桶屋がもうかる?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://itconan.blog130.fc2.com/tb.php/523-6224a1a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。