タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクと酒それにラーメン放浪記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アマチュア無線アンテナチューニングを楽しむ?

2014.03.31(22:16) 532

二階のベランダから垂直に8メートルほどエレメントを上げて
ベランダの建築板金床をカウンタポイズとしたバーチカルアンテナを構成します。

まず、床の金属面を高周波的に接続(ボンデング)します。
具体的には立ち上がった水切り部に接続の銅片をハンダ付けして高周波的に一体化します。
地上2.5mで6.6平方メートルですから容量として数十ピコファラッドくらい?

とうぜん全短波帯にマッチングさせたいですが、面積と長さから3.5M帯がリミット?
それでも手動チューナーで3.5~50メガくらいまで何とかなりそうな測定結果でした。

即、ATU(オート・チューニング・ユニット)をアマゾンに発注しました。

PS:若いころなら周波数を変える時にベランダに出て手動で調整したでしょうけど
   還暦爺は室内の手元スイッチで自動的にチューニングしてくれる。怠慢(笑)

P1001324.jpg

P1001325.jpg

P1001326.jpg

P1001331.jpg

P1001334.jpg

P1001332.jpg

P1001329.jpg

P1001315.jpg

スポンサーサイト

バイクと酒それにラーメン放浪記



2014年03月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. アマチュア無線アンテナチューニングを楽しむ?(03/31)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。