タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクと酒それにラーメン放浪記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

高周波ブレットボードの工夫なり

2011.08.30(22:10) 276

;">高周波試作基板の工夫【自己満足】
アナログやデジタル回路の試作なら市販の各種ブレッドボードが万能的ですが、
ブレットボード

高周波回路では端子間の浮遊容量が大きく中波帯を越えると信頼できません。
そこでプリント基板の銅箔面をベタグランドとして、部品取り付けランドは
片面のプリント基板を小さく切り必要に応じて適当に張り付ける事で試作ボードを作る。
銅箔のランドに孤立するチップのランド
(赤丸がチップを張り付けたランドで、黒丸が銅薄基盤のグランドです。)
でも、ランドのチップを瞬間接着剤で止めてもハンダ時にポロリと取れて
イライラそれにも増して生乾きの接着液がハンダの熱で有毒ガス化?、夜中に咽て大変で、
彫刻刀やステンレスの細いパイプでコルクボーラー風を自作しプリント基板の銅箔面の
ベタグランドに溝を穿ちランドを作ってきました。でもこれがなかなか大変(指から血!)


昔々、職人が竹等に穴を開けるキリの一種類をヤスリで整形し使ってみると
これが一手間で丸いきれなランドが浮かび上がります。
「鼠歯錐」<br />更に刃先をやすりで小径かしてネズミ歯によるランドを最適化して

ためしにハンダを盛って見ると見事なランドでラフな半田作業でも流れることもありません、
この手間で歩留りならば、今後の私の高周波回路施策の定番なり!

電子的?受信アンテナの試作と納品依頼ですからチョイ気合を入れて試作品二号を
製品としてきれいにしあげて納入の段取りです。二桁も出れば一杯できるかも?!

スポンサーサイト

バイクと酒それにラーメン放浪記



2011年08月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 高周波ブレットボードの工夫なり(08/30)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。