タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクと酒それにラーメン放浪記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

放射能を計る!

2011.03.26(21:32) 205

放射能は放射線量を計る事で検出できます。(厳密にはチョイ違いますけど)
先日の大きな津波で原発からの放射能汚染が進んでますけど、
汚染とそのレベルの発表に疑問を感じたので自分で計ります。
GM管の通販やWebを探しましたが時期が時期だけに納期どころか窓口反応なし
それなら、何時もの無いものは作るで「GM管(ガイガー・ミュラー管)」を自作!
して、ガイガーカウンターを作って見ようとしてます。
とりあえず試作レベルの筐体まででっち揚げましたので書いています。
GU本体


窓口は雲母(マイカ)で筐体はアルミ管それに電極はビーズ手芸用の針と身近なもので
検出窓は「雲母(マイカ)」です。




後は、へリュウガスとプロパンの混合ガスを詰めれば完成となります。
高圧直流は、BNC高周波コネクターから給電します。

構造は至ってシンプルですが、放電ガスと放電阻止ガスをほどよく負圧で詰め</span>ななければいけません。
私の場合、検出窓口の雲母板がやわですので電圧を高くして負圧でなく一気圧の混合ガスからはじめます。
中心の電極は細くて先がとがってるなら針でしょうと手芸用のビーズ針を使用しました。
GU本体
構成は至ってシンプル、後はガスを入れればOK

持ち運べる高圧直流電源は製作中ですから最終完成は、チョイお待ちください?
予備実験では2700Vで良い感触でした。



スポンサーサイト

バイクと酒それにラーメン放浪記



2011年03月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 放射能を計る!(03/26)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。